クラスメソッドによるAWS運用の特徴と魅力

AWSの運用は外注して対応することもできます。様々なサービス範囲を持つ業者が次々に増えてきている中で、クラスメソッドの総合支援サービスが注目されるようになってきました。クラスメソッドはどのようなサービスを提供しているのでしょうか。

AWSを運用する上でどのような特徴やメリットがあるのかを紹介するので参考にして下さい。

AWS総合支援のプレミアムサービスの特徴

クラスメソッドの提供するAWS総合支援のプレミアムサービスはAWSを活用する上で必要になるサポートを全て実現するのを基本コンセプトとしています。AWSをこれから利用したいという企業を主なターゲットとしていて、AWS環境を構築するところからクラスメソッドが手掛けてくれる仕組みになっているのが特徴です。

AWSはただ導入したら使えるというわけではなく、提供されたクラウド上にインスタンスなどを作成してサーバーとして運用できるインフラを整えなければなりません。そして、適切なプラットフォームやアプリケーションを搭載させ、従業員が快適に使えるようにすることが必要です。

現場によってAWSの導入や運用の目的は異なるため、それぞれの現場に合わせた構築が必要になります。それをヒアリングに基づいて完成させることから支援を受けられるのです。そして、構築した環境の運用や監視についても支援していて、セキュリティ対策についてもサポートを受けることができます。

技術アドバイザーに相談することもできるので、社内エンジニアに運用させる場合にも安心できる体制が整うでしょう。AWSを運用するときにはコストも大きな問題になります。クラスメソッドではアセスメントによって最適化をするのもサポートしてくれるのでコストを抑えた運用もしやすくなります。

さらに請求代行にも対応しているなど、AWSの運用に関わるほとんどの業務について支援を受けることが可能です。これから導入して運用していくのが心配なときに最適なサービスと言えるでしょう。

総合支援サービスの内容は個別に申し込める

クラスメソッドでは導入から運用に至るまで幅広い支援をしていますが、総合支援サービスに含まれているサービスは基本的に個別に申し込むことが可能です。導入と環境構築だけ支援してもらいたいという希望も、技術アドバイザーに相談できるようにするだけで良いという要望も受け付けてくれます。

さらに、例えば導入支援の場合にはコンサルティングで十分なのか、他のサーバーからの移行支援が必要なのかといった状況に応じたサービスが存在します。クラスメソッドのサービスを利用すればコストがかかるのは確かなので、必要な部分を限定して申し込めるのはコストパフォーマンスが高いと考えられる点でしょう。

AWS運用代行は人気のサービス

クラスメソッドのAWS運用代行のサービスは人気があります。AWSの運用では障害対応やセキュリティの強化が大きな課題となりますが、それを一手に引き受けてくれるのが運用代行サービスの魅力です。クラスメソッドのAWS運用代行はやや複雑になっていて、三つのサービスを連動させることによって実現されています。

AWSのエンジニアスタッフによる運用が常時行われるわけではなく、それをサポートする有人・無人監視エージェントのpuzzleとSaaS型サーバー監視サービスMackerelを併用しています。基本的には環境の監視についてはpuzzleの提供会社であるJIG-SAW監視センターが対応します。

24時間365日の監視をしてくれるのが魅力で、障害発生時には一時対応も二次対応もしてもらうことができます。障害自動検知にも対応しているのでスピーディーな対応が可能です。

基本的にはクラスメソッドが行っているのは監視エージェントのインストールであって、運用そのものは外注されていると考えると良いでしょう。ただ、サービスの初期設定や利用上のトラブルなどについての質問はクラスメソッドに対応してもらうことができます。

障害対応をスムーズに行えるようにするための基盤を作るには魅力的なサービスなのは確かでしょう。

AWS監視も人気が高い

クラスメソッドのAWS監視も人気のサービスです。

運用代行との大きな違いは、一般的な監視のように監視項目を指定して24時間365日状態をチェックすることが基本になっていて、障害からの復旧をしたりセキュリティー対応をしたりするわけではないという点です。

サーバやデータウェアハウスサービス、データベースなどから常時メトリクスを取得してログを作成してもらえます。その監視量に比例した従量制課金になっているのも特徴で、利用が小規模のときには特にメリットが大きいサービスでしょう。

障害発生についてはメールや電話などでアラートを出してもらうことができ、障害対応としては設定をしておけば再起動は行える仕組みになっています。監視によって得られたデータは障害対応をする上で重要な情報になり、さらに運用方法を考えるときにも有効活用できます。

その目的で監視だけを依頼して対応してもらっているケースも少なくありません。

費用対効果が高い方法を選ぼう

AWSの支援をクラスメソッドから受けるときには費用対効果が高い方法を選ぶのが大切です。総合支援サービスを選んでプレミアムサービスで対応してもらえばほぼ必要な業務は代行してもらえるのは確かです。しかし、業務負担が減る分、支払う費用は大きくなってしまいます。

重要なのは社内負担が減ることによって人件費が浮いていることを考慮し、コストパフォーマンスが高いかどうかを計算してみることです。クラスメソッドは支援サービスに特化した業務を行っているお陰で、AWSの構築や運用に長けています。

社内の人材に任せるよりも効率的でコストが低い可能性も十分にあるため、委託した方が安上がりになることも珍しくはありません。きちんと試算をしてみないとメリットの有無を見極めるのは難しいでしょう。導入や運用に際して誰がどのくらいのエフォートをかけるかを分析し、数字に落とし込んで比較できるようにしてから利用の可能性を判断するのが大切です。

費用対効果を考えてクラスメソッドを使おう

クラスメソッドはAWSをこれから初めて使おうとしている企業に向けた総合支援サービスを提供しています。その中に含まれているAWS運用代行やAWS監視も人気ですが、どのサービスに申し込むべきかは費用対効果を計算してから決めるようにしましょう。

社内で対応した方が良いのか、依頼した方が良いのかはケースバイケースなのできちんと試算をして比較するのが大切です。